最新の記事

アーカイブ

  • Archives

    • 2021 (11)
    • 2020 (1)
  • 2020.8.18

    御城印部活動報告(1) 
    信貴山城趾/松永久秀

    吉野かわかみ社中 御城印部活動報告(1)
     
    🏯『信貴山城趾/松永久秀』
    吉野杉の御城印帳
    奈良にはそんなに有名な武将もいませんし、立派な城もないので、迷いましたが・・・、やっぱり記念すべき第一回目は、奈良からご報告いたします。

    信貴山城は、中腹に朝護孫子寺がある信貴山山頂にありました。いまはもう痕跡を遺すのみです。
    吉野杉の御城印帳
    吉野杉の御城印帳
    主に居城としていたのは、かの戦国三梟雄のひとり「松永久秀」です。東大寺を焼き払ったり、織田信長を2回も裏切ったり、最期は名器 古明天平蜘蛛に火薬を詰めて爆死しただの、悪名高いヒール武将ですね。もっとも、現代となっては、だいぶ盛られた話だとされていて、わたしも「麒麟がくる」で吉田鋼太郎さんが演じる、人間味ある久秀が本当だと思います。
    吉野杉の御城印帳
    爆死はされていないと思いますが、久秀とともに焼け落ちて廃城となっています。

    信貴山参りの際に、一度は登ってみてはいかがでしょうか。空鉢さんの横ですから、なかなかの運動になりますよ。
    吉野杉の御城印帳
    吉野杉の御城印帳

    久秀の辞世の句です。


    この平蜘蛛の釜と俺の首ふたつは

    やわか信長に見せさるものかわ


    やっぱりヒールかなあ(*_*)
     
    ※写真のロゴやネームのレーザー加工は、オプション加工となります。ご了承ください。

    ≪御城印部活動報告(2) 

    最新の記事

    アーカイブ