最新の記事

アーカイブ

  • Archives

    • 2021 (11)
    • 2020 (1)
  • 2020.8.19

    御城印部活動報告(2) 
    勝竜寺城/細川藤孝

    吉野かわかみ社中 御城印部活動報告(2)
     
    🏯『勝竜寺城/細川藤孝』
    吉野杉の御朱印帳
    (コロナ禍による)放送休止前の「麒麟がくる」で描かれた「桶狭間の戦い」の後、織田信長が上洛を果たして、明智光秀の盟友である細川藤孝に与えた城です。
    吉野杉の御朱印帳
    信長上洛前には、織田信長・柴田勝家・蜂屋頼隆・森可成 VS 三好三人衆 の「勝竜寺城の戦い」もありました。信長さんイケイケの時代ですね。
    吉野杉の御朱印帳
    また、信長は上洛に際し、細川藤孝に書状で協力を約束させていますが、そのあたりから、信長が書状の花押に、「麒麟」を意味する「麟」字型を使い始めています。

    「麒麟がくる」では触れられるでしょうか。(残念ながら触れられませんでした!)
    吉野杉の御朱印帳

    さて、この勝竜寺城は1649年に完全に廃城になって、平成に入って櫓などが再建されて公園になっています。

    立派な本丸などはないですが、吉野杉の御城印帳を手に、「麒麟がくる」の世界に触れてみませんか。
    吉野杉の御朱印帳

    ちなみに、この御城印は、細川藤孝の書状の文字と花押を写したものになっています。かっこいいです!

    ≪御城印部活動報告(3) 

    最新の記事

    アーカイブ